環境調和型社会の構築を目指して
  島根大学 生物資源科学部

 環境共生科学科

4つの教育コース

2年次に、環境生物学・生態環境学・環境動態学・地域工学のいずれかの教育コースを選択します。4つの教育コースは、「対象とするもの」と「アプローチ」の違いにより、おおまかに区分されます。各コースの詳細については、下記のメニューボタンをクリックしてください。


 地域資源循環型社会の構築を目指す

生態環境学教育コース

 

コースの特徴

ヒトと自然の共存や生態系の保全を目指し,生物が生息する水・土環境で生じる多様な現象とそのメカニズムを科学の視点から理解するための知識と方法について履修します。山地・森林から河川・湖沼・海域を含む流域を対象として,水域では水生生物と生息環境・水質・水文に関して,陸域では森林・草地や農耕地の調査・評価方法を修得します。
 

カリキュラム

生態環境学コースでは,生物や生態系に関する基礎知識に加え,それらが生息する水圏や土壌圏の特徴について学びます。基礎的な科目としては生態学,環境生物学,水環境学,基礎土壌学などがあり,続いて水圏生態学,汽水域生態学,土壌生態学,植物環境工学といった発展的な内容の科目を履修します。これらに加えて,生態系などに関する調査を行うための基礎的な知識や,豊かな自然を守っていくために必要な技術についても学びます。統計学,水環境保全学,実用分析化学,環境分析化学実験,水質環境工学などの科目が相当します。また,4年次に行う卒業研究の準備として,外書講読,生態環境科学実習や専攻科目実験といった実習や実験が用意されています。

  主な授業科目

水環境学,植物栄養生態学,土壌生態学,汽水域生態学,環境分析化学実験,生態環境科学実習
 

 卒業後の進路

 大学院進学,環境調査,JA,水処理会社,緑化会社,種苗会社,中学・高校教員,公務員(県、市など)
 

取得可能な資格

教育職員免許状(高等学校一種(理科・農業))
教育職員免許状(中学校一種(理科))
自然再生士補 ●学芸員  
食の6次産業化プロデューサー

過去の卒業論文

・宍道湖・大橋川におけるヤマトシジミ着底稚貝の生息環境と個体群動態
・エチオピア高地における地形や土地利用と土壌特性の変化
・Si-Fe-Mg系複合含水酸化物を用いた地下水からのヒ素除去

 

・サルボウガイの殻体を用いた環境モニタリング手法の検討
・水草の堆肥化及びヨシの炭化による地域資源の農業利用


 環境分析化学実験で行う滴定操作の様子

 生態環境科学実習での生息環境調査の様子

 土壌調査実習の一コマ

 コマツナ栽培試験での収穫風景