環境調和型社会の構築を目指して
  島根大学 生物資源科学部

 環境共生科学科

4つの教育コース

2年次に、環境生物学・生態環境学・環境動態学・地域工学のいずれかの教育コースを選択します。4つの教育コースは、「対象とするもの」と「アプローチ」の違いにより、おおまかに区分されます。各コースの詳細については、下記のメニューボタンをクリックしてください。


  人と自然の共存や生態系の保全を目指す

環境動態学教育コース

 

教育コースの特徴

地域資源循環型社会の構築を目指し,地域資源を有効かつ持続的に利用するための,また,人間活動と共存できる生態系を保全・修復するための知識と技術を履修します。土,水,大気,生物及び人工物を介した物質の移動や循環をミクロ及びマクロの視点から理解・制御する方法や,水や土環境を保全・修復する工学的手法を修得します。
 

カリキュラム

豊かな自然環境と快適な人間生活の共存を実現するために,自然環境や生態系を調べて理解するための知識と,資源を浪費しない地域社会を実現するための技術を学びます。自然界の物質循環を理解するために,環境汚染化学,水環境学,基礎水理学,水質水文学,基礎土壌学,土壌物理学,実用分析化学,環境分析化学実験などの科目を履修し,また,生態学,水圏生態学などを通して生態系に関する基礎的な知識を得ます。さらに,農地工学,農地保全学,かんがい排水学,水質環境工学,バイオマス利用工学などを履修することで,地域での快適な生活を実現する技術について学びます。そして地域計画学などで得た知識を基に,自然環境と人間生活のバランスの取り方に関する考え方を修得します。

  主な授業科目

実用分析化学、環境汚染化学、水質水文学、土壌物理学、環境分析学実験、 植物環境工学
 

 卒業後の進路

大学院進学(島根大学)、公務員(京都府庁)、商工会議所、環境調査関連企業、水産系企業,アパレル
 

取得可能な資格

教育職員免許状(高等学校一種(理科・農業))
教育職員免許状(中学校一種(理科))
自然再生士補 
食の6次産業化プロデューサー

過去の卒業論文

・アユの成長は瀬と淵の移動でどう変遷するか?
・アユ養殖スキームの最適化
・カワシオグサ発生条件の特定
 

 

・GED-ICP-MS/MS を用いた大気粒子物質に含まれる放射性ストロンチウムのリアルタイム分析法の開発
・GED-ICP-MS/MSを用いたPM2.5中金属のリアルタイム分析による排出源の推定
・中海底質における金属の空間分布とその特徴


斐伊川に設置された魚道
毛髪中のミネラル分析
植物から抽出したクロロフィルに紫外線ランプを当てて発せられる蛍光
ICP-MS/MSで河川中の金属を網羅的に分析

霧箱をつかった放射線の観察(動画)
実用分析化学の講義では,放射線の測定原理を理解するために,放射線の電離作用を利用した簡易的測定法について説明しています.中央のボールからランダムにα線が飛んでいて,その飛跡を確認することができます.